アンケート、総会をスピーディーに行う電子投票システム

特許権取得済(特許第5320529号・特許第5709918号・特許第5892972号)

PDFの表示後、印刷もしくは、保存してください。


機能概要

  • 機能概要の図
  • 学術学会 シリーズの特徴

    総会の出欠連絡(委任状)や選挙を簡単に、かつスピーディーに実施できます。
    案内はメールで行えるので郵送作業がなくなります。

    提出は、パソコン・スマートフォン・携帯電話から簡単にできるので、郵便ポストへの投函やFAX返信をする必要もありません。

    回収・集計についても自動化され、計算間違いもなくなります。
    また公益法人制度改革により、任意団体から「一般社団法人」もしくは「公益社団法人」へ移行する際、票の回収率を上げたい場合などに、かなり有効です。

    運営側(理事会・事務局)と利用者側(会員)の両方にメリットがあるシステムです。

メリット

運営側のメリット

理事会、事務局の負担を大幅に改善

総会、選挙の準備から案内、また回収時のフォローから集計作業まで、全ての業務を軽減できます。

  • 総会議案、選挙の標準フォーマットがあるので、準備が簡単になります。
  • 総会、選挙の案内は、一括案内機能により、数秒で案内できます。
  • 未提出者の方へのフォローは、一括フォロー機能により、数秒で完了できます。
  • 回収率が上がります。
  • 総会、選挙案内の郵送費、電話フォローの通信費など、費用の削減ができます。
  • 提出と同時に自動集計されますので、リアルタイムに現状の提出状況が確認できます。

利用者側のメリット

提出時間を大幅に削減

  • 郵便ポストへの投函やFAX返信する必要がなく、わずか数分で提出できます。
    (目安:10議案で2~3分)
  • 案内メールの電子投票付アドレスをクリックするだけで、簡単に提出できます。
  • 文字入力は一切する必要なく、マウスのクリック操作だけで完了できます。

使用例

【総会で電子投票を使うと便利になるポイント】

理事会・事務局は一括案内機能により総会の案内をします。
会員は案内メールの電子投票付アドレスをクリックして、インターネットから出欠の連絡や投票をします。

大会で電子投票を利用の図

【選挙で電子投票を使うと便利になるポイント】

理事会・事務局は一括案内機能により選挙の案内をします。
会員は案内メールの電子投票付アドレスをクリックして、インターネットから選挙の投票をします。

選挙で電子投票を利用の図

【直接無記名投票について】

①直接投票
(投票者の意思が、第三者の意思を経て表明されるのではなく、直接最終的なものとして表明される投票)


・電子投票では、投票者は、自分の電子投票付アドレスから自分自身の投票画面を表示し投票者の意思で直接投票します。

②無記名投票
(誰がいかなる意思表示をしたかを秘密にすることによって、投票者が自由にその意思を表示できるようにすること)


・電子投票では、投票者の投票内容は、誰も見ることができないので、投票者の秘密は守られます。

【電子投票での不正防止について】

①2重投票はできません。
②集計結果の改ざんや水増しはできません。

【定款や規約、選挙細則の変更について(重要)

電子投票を利用する場合、定款や規約、選挙細則の変更が必要になります。

変更サンプルはこちらから

導入実績

総合工学系の学術学会様(会員数:約400名)

・任意団体から一般社団法人への移行のため、解散総会を実施
・解散決議に必要な出席数は300以上必要なため、約40日前から総会の案内を開始

組合員投票状況グラフ

・「★」は一括フォロー機能を実施(電話でのフォローはなし)
・総会の1週間前(3回目の一括フォロー機能実施)には、300以上の出席数が確保できています。
・会員へのマニュアル配布を行わずに実施。事務局への問い合わせは、わずか20件(全体の5%)でした。

【総会後のお客様の声】

総会準備ではおかげさまをもちましてうまく始動いたしました。
解散決議に必要な出席数を確保できる基盤ができたように思います。
改めて感謝いたします。

提供方法

・クラウドサービス

・カスタマイズド・パッケージ 販売

価格

クラウドサービス

電子投票システムのクラウドサービスを低価格でご利用いただけます。
導入検討のご相談やサポートが必要な場合、導入支援サービスをご利用ください。

初期導入費用

20,000円~

・契約情報の登録作業

※解約されてもこの費用は返還いたしません。

利用料金

50,000円~ /年

・定期総会、臨時総会、選挙など、何度でもご利用いただけます。
・各機能や使用方法に関するご質問は、電子メールまたは電話にてサポートを行います。
・サポート期間は1年間無制限で行います。
・現地への出張サポートは価格に含まれておりません。
・利用停止のお申し出がない限り自動更新となります。



主な利用料金

会員数 初期導入費用(円) 年間利用料金(円)
1,500 人まで 20,000 50,000
3,000 人まで 36,000 90,000
5,000 人まで 60,000 150,000
6,000 人まで 72,000 180,000
7,000 人まで 84,000 210,000
8,000 人まで 96,000 240,000
9,000 人まで 108,000 270,000
10,000 人まで 120,000 300,000

※各支部(ブロック)ごとで同時に選挙を行う場合は、支部(ブロック)ごとでのご契約が必要です。



料金のお支払いについて

・契約月の翌月にご請求させていただきます。

※初年度は初期導入費用を含めてのご請求となります。

利用開始について

・お申し込み後、約一週間程度頂戴しております。

カスタマイズド・パッケージ

別途、お見積させて頂きます。
詳しくは、お問い合わせフォーム、またはお電話にて、お問い合わせください。



※上記、費用は全て「税別」となっております。


PDFの表示後、印刷もしくは、保存してください。


導入支援

導入検討の初期段階から電子投票の実施まで、きめ細かいサポートをいたします。
事前にヒアリングを行い、お客様の必要に応じたお見積りをいたします。

支援内容

  • ①電子投票の導入に向けたヒアリング
  • ②スケジュール作成
  • ③定款、規約変更に関する支援
  • ④理事会、役員会での導入検討支援
       ・運用資料作成
       ・本番を想定したデモ準備・実施
  • ⑤お客様個別システム対応
       ・システム対応が必要な場合、別途お見積りいたします。
  • ⑥会員のシステム設定代行
  • ⑦総会、大会、選挙などシステム設定代行
  • ⑧投票に関する運用支援
  • ⑨総会、選挙当日の立ち会い